はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

デュピクセント(アトピー性皮膚炎)(高額療養費制度・付加給付制度・自己負担)(神戸春日野道・皮膚科)

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎に対してデュピクセントによる注射の治療があります。https://www.support-allergy.com/atopy/

当院(神戸春日野道・皮膚科)でもアトピー性皮膚炎に対して生物学的製剤(デュピクセント)による治療を行っております。生物学的製剤は今までの治療と比べて即効性があり、効果が高いのが特徴です。費用面が問題になることが多く、経済的理由で治療を諦められる方もおられます。薬剤費が高額な治療ですので、高額療養費制度の適応になります(薬価が2020年4月1日から改定されました)。

実際の費用負担は、「在宅自己注射(3か月に1回の受診)」に移行できれば、例えば年収370万~770万(ウの区分)の方ですと、3回までの支払いが82328円/3か月(27400円/月)、4回目以降ですと44400円/3か月(14800円/月)になります。薬剤の自己負担がこの金額になりますので、これに診察代、在宅自己注射管理料などが発生します。在宅自己注射に移行するためには、院内で最低2回の注射の指導を受けていただく必要があります。事前に高額療養費の申請を窓口で済ませていただく必要があります。

また、加入されている保険の種類(組合管掌健康保険、共済組合健康保険など)によっては独自の「付加給付制度」を設けているところもありますので、自己負担がさらに少なくなる方もおられますが、加入されている健康保険組合に制度の有無をお問い合わせください。