はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

治らないニキビ(赤ら顔ニキビ)(酒さ性ざ瘡)

酒さ

治らないニキビを主訴に受診される方が増えています。多くの方は尋常性ざ瘡(ふつうのニキビ)治療薬である(ベピオ、ディフェリン、デュアックなど)外用薬を使っても改善しないという方がおられます。

診察しますと、尋常性ざそう(ふつうのニキビ)ではなく、赤ら顔ニキビ(酒さ性ざそう)の方がおられます。赤ら顔ニキビは酒さ性ざそうという病名ですが、当院で酒さの治療に変更すると治療効果がでてくるのが特徴です。

赤ら顔ニキビは、目のまわりが白くぬけて両頬に赤みがあり、入浴後や温暖差で赤みが増し、その赤みの上にニキビのぶつぶつがみられるのが特徴です。

このような方はイベルメクチンクリームが効果が高いです。尋常性ざそう(普通のニキビ)にもイベルメクチンが効果がある論文もでています。