はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

酒さを悪化させる可能性のある施術

酒さ

当院にこられる酒さの方のなかに、美容施術をして酒さが悪化して来院される方もおられます。酒さは敏感肌ですので、刺激のあることを行うと当然、悪化する可能性があります(皆ではないと思います)。今までこられた方では

①ピーリング(グリーンピール)

刺激を与える薬品を使うので悪化する可能性あり。

②ハイドロキノン、トレチノイン、レチノール

ゼオスキンでも有名ですが、これらの薬剤は赤みを生じさせてしまいます。使えないわけではないです。赤くなった場合、「酒さの悪化」なのか「薬剤による刺激なのか」を見極めが大切です。見極めができれば酒さの方でもゼオスキンはできます。

③ダーマペン

細い針を使って、刺激を与えて創傷を促す施術ですので、酒さを悪化させてしまう可能性があります。

④Vビーム

血管腫や毛細血管拡張症に使われるレーザーですが、日本では酒さにも使われるところがあるようです。Vビームは紫斑形成(内出血)、顔の腫脹などが起こりダウンタイムのあるレーザー治療ですので、当院にこられる方がよく言われるのは、施術後に顔が腫れて、赤みが増強して、赤みだけ続くとのことです。その腫れ、赤みを軽減させるためにステロイド外用剤が使われる方もおられます。先日もVビームをして、赤みが元にもどった方もおられました。出力などの設定の影響も大きいのかもしれません。酒さではなく、「酒さ様皮膚炎」の方にVビームをされてしまっている方もおられます。

全員悪化する施術ではなく、調子いい方もおられますので、すべてあてはまるわけではないです。酒さの状態にもよると思います。大切なのは、施術を受ける前にリスクの説明を十分に聞き、その対処法を相談しておくだと思います。