はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

酒さ・酒さ様皮膚炎にプロトピック軟膏でリバウンドして悪化の繰り返し(神戸・関西・皮膚科)ステロイド酒さ・アトピー性皮膚炎

プロトピック軟膏による酒さ様皮膚炎(酒さの悪化)(アトピー性皮膚炎)

プロトピック軟膏による酒さ様皮膚炎の始まりは、【顔が赤くなる⇒外用するとよくなる⇒止めると悪化する⇒悪化するのでまたしっかりと塗布する⇒止めるとさらに悪化する】という「負のループ」から始まります。

この負のループに気づかずにはいっていると、抜け出すのが大変です。負のループを作ってしまっていると気づかない皮膚科医もいて、さらの外用するように説明されている例もあります。

プロトピック軟膏は「アトピー性皮膚炎」の治療薬ですが、酒さと診断されながらプロトピック軟膏」を処方され、酒さ様皮膚炎(ブツブツが増える)になっている方が神戸や大阪・奈良・京都・姫路などからよく来院されます。(プロトピック軟膏でよくなっている方は当院には来院されないというのはあるかもしれません)。最近では東海地方や四国などからも来院されています。

プロトピック軟膏は保険適応疾患は「アトピー性皮膚炎」しかありません。つまりアトピー性皮膚炎にしか保険処方してはいけない薬剤になります。ですので、酒さにプロトピック軟膏を処方するのは適応外使用にあたりますので、保険診療のルール違反になり認められていません。また、プロトピック軟膏を外用されている酒さの方には高率に毛包虫が検出されます。プロトピックのせいで、ニキビダニが増殖してしまっております。ニキビダニが増殖して一見するとニキビのようなぶつぶつ(丘疹・膿疱)がどんどん増えてきます。

ネットで酒さ&プロトピックで検索を行うと、病院HPに酒さにプロトピック軟膏を用いますというのもよくヒットします。しかしそれは適応外使用にあたるので、認められていないのでそれをHPで堂々と載せている病院には驚きしかあありません。

酒さの海外標準治療は【メトロニダゾール外用剤やイベルメクチンクリーム、アゼライン酸】ですが、この治療を行っている医療機関は地域間によって異なります。関西は、プロトピック軟膏の処方が多い印象です。そのため、関西では「プロトピック軟膏による酒さ様皮膚炎」を生じてしまっている方が多いです。経過中に、プロトピック軟膏の成人用から小児用(逆もあります)に切り替えている方にも遭遇しますが、していることは同じです。

プロトピック軟膏で酒さ様皮膚炎を生じることはかなり以前から論文がいくつかでておりますので、その論文などを知っていると処方する気になれないように思います。

下図はスイスの酒さの治療ガイドライン(JEADV 2017.31.1715-1731)になりますが、ステロイドやプロトピックは赤字になっており、ガイドラインでも推奨されていません。推奨されているのは、①メトロニダゾール、②アゼライン酸、③イベルメクチンです。

プロトピック軟膏を塗布するといいが、止めると悪化する という方も多くこられます。その時点ですでにプロトピック軟膏でリバウンド状態になっており、すぐにプロトピック軟膏を中止する必要があります。リバウンドは精神的にもつらいものになりますが、プロトピック軟膏を処方した医師から患者が逃げ出してしまうので、その後患者がどうなっているか知らないケースもよく遭遇します。また、プロトピックのリバウンドが重症になる方は、「医師から副作用がないからしっかり塗るように説明を受けた」、「プロアクティブとしてしっかり使うように説明を受けた」、「薬剤の分子量が大きいから正常皮膚から吸収されないので、綺麗になっても塗り続けても問題ない」と説明をうけたので、ずーと塗っていたという方がリバウンドの症状はひどく、症状も遷延します

酒さとアトピー性皮膚炎は治療が同じではありません。