はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎)のリバウンドの特徴(皮膚科・関西)・アトピー性皮膚炎治療薬(プロトピック)が原因

酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎)

当院には、ステロイド、プロトピックコレクチム軟膏といったアトピー性皮膚炎治療外用剤を処方され続け、酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎になられた方がこられます。治療の基本は使っている原因薬の中止です

その中止には、「リバウンド現象」を伴います。

このリバウンド現象ですが、人により経過が異なります。ステロイド外用剤の場合は、使用していたステロイドのランクが強い、使用期間が長いと症状がひどい方が多いです。プロトピック軟膏は、副作用がないから塗り続けるように指導を受けた方がひどくなっています。コレクチム軟膏は、ステロイド、プロトピックほどリバウンドがひどくないですが、コレクチム軟膏使用前にステロイド、プロトピックを使用していた方はリバウンドがひどくなります。。なかには、ステロイド外用剤を使用して経過がよくないため、プロトピック軟膏コレクチム軟膏に切り替えがされているケースがあります。

また、悪化していく過程(リバウンド)で、症状にがあります。また、このが決して1回ではなく、2,3回と来る方もおられます。ほとんどの方はこの悪化のがくる原因ははっきりしません。やはり症状が重い方が、悪化のが何度もよくきます。基礎疾患にアトピー性皮膚炎を持たれている方も、この悪化の波がひどい印象です。アトピー性皮膚炎を持たれるいる方は、顔以外の湿疹病変が悪化する方が多いです。

また、多くの方は当院にこられる時点で口囲皮膚炎(酒さ様皮膚炎)の診断がつくまでに赤み(紅斑)が長く続いていた方(数カ月)が圧倒的に多いです。そのためリバウンドもありますが、赤み(紅斑)が改善したあとに、(炎症後)色素沈着といって皮膚の色がやや茶色になって治癒します。口まわりが茶色になり、精神的にも落ち込まれる方も多いです。

リバウンドで苦しむ方をたくさんみていますと、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎を作り出す皮膚科医がいなくなることが急務ではないかと日々感じています。多くは漫然とステロイド外用剤やプロトピック軟膏、コレクチム軟膏を処方されている例がほとんどで、(ステロイドの副作用がでていないか)顔の皮疹を詳細に確認してきちんと処方しているのか疑いたくなります。医者が作り出す疾患でありながらここまでスポットライトが当たっておらず、医師によって診断や説明が全く異なっていることが皮膚科全体の問題でもあるように思います。