はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

酒さの海外のガイドライン

酒さ(ガイドライン)

酒さのガイドラインが J Am Acad Dermatol 2020;82:1501-10 に掲載されています。

酒さの世界的なエキスパートがコメントをされています。日本は酒さ治療において海外に比べてかなり遅れており、現在でも保険適応となる薬剤もなく、皮膚科医のなかでも治療選択が医師により異なります。

Topical therapies(外用療法)をみましてもイベルメクチン、アゼライン酸、メトロニダゾールが専門家は推奨されています。大切なのは、日本の皮膚科医の中でも酒さの治療に処方されるプロトピック(タクロリムス)外用剤は治療薬の中に全くはいっておりません。

Light devicesはIPL治療Vビームのようなパルス色素レーザーを推奨しています。酒さの方で困られるFlushing(顔の火照り、紅潮)の症状に対しては、IPL治療を推奨する専門家がおられますが、パルス色素レーザー(Vビーム)は推奨する専門家がおられません。

外用剤はpapules/pusutels(丘疹/膿疱)、機械はtelangiectasia (毛細血管拡張) に対して推奨されています。

それぞれの皮疹に対して治療を推奨されています。

IPLもVビームも時間をかけてする治療になります。価格相場もVビームに比べてIPLが安いです。

当院でも、酒さ(赤み)に効果の高いキャンデラ社の次世代IPL治療機 ノーリス(Nordlys)を導入しました。https://www.candelakk.jp/products/nordlys/