はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

「酒さ」と「酒さ様皮膚炎」の治療の違い(混同)(大阪・関西・皮膚科)

酒さ様皮膚炎

当院には他院で「酒さ」と診断されたと言われる方の何割かに「酒さ様皮膚炎」の方がおられます。

酒さの治療は当院のHPにもありますような治療になります。

酒さ様皮膚炎の治療は、酒さと異なり、ステロイド外用剤やプロトピック(タクロリムス)軟膏、コレクチム軟膏の中止です。中止による反跳現象(リバウンド現象)が必発です。その時期は皮膚がとても過敏な状態で色々な外的因子に対して刺激症状が強くでる時期です。その時期に刺激のあることを避けるのが必要です。「酒さ」ではなく「酒さ様皮膚炎」としか思えない患者に(リバウンドが起こる時期に)、VビームやIPL治療をされておられる患者様がおられます。なかにはその機械施術の後にステロイド外用剤を使用されている方もいます(酒さ様皮膚炎の治療はステロイド外用剤の中止が第一です)。そのような時期に、これらの施術をすると悪化する可能性が高いく、効果も乏しいです。

SNSに力をいれているところでもそのようなことをされている方もおみかけします。

酒さ様皮膚炎のリバウンドの波も落ち着き、もともとの酒さの状態が残る方などのような状態には、IPLなどの機器による治療はいいと思います。酒さと診断されて(実際は酒さ様皮膚炎なのに)すぐにVビームなどにとびついて施術を受けた方が来院されることがあります。その時期にされた方は効果が全くなかったと言われます。