はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

酒さ・酒さ様皮膚炎?と思ったら(自己診断)(兵庫神戸・皮膚科)

酒さ・酒さ様皮膚炎

当院には神戸市のみならず関西圏から、酒さ・酒さ様皮膚炎を自己診断して来院される方が多くおられます。

以前の勤務しておりました川崎医科大学付属病院(岡山県)では、県内の他の病院やクリニックでの治療はメトロニダゾール軟膏をされていますが、関西圏では

メトロニダゾール軟膏による治療をされておらず、患者さんへの説明もあまりされておらず驚いております。

この病気は特徴的ですので、下記に自己☑チェックリストを参考に当てはまる項目が多いと酒さ・酒さ様皮膚炎の可能性があり、皮膚科専門医に相談するひとつにしていただければと思います(たいてい病院のホームページには皮膚科専門医をもっていれば記載があると思います。記載がない場合はもっていないことが多いです)。

☑経過が長い(数か月~数年)

☑症状がかゆみよりは灼熱感、ほてり、ひりひり、違和感がある。

☑症状の日内変動がある(入浴後、緊張する場面、温暖差、温熱器具などにより悪化する)

☑目のまわりは皮疹(赤み)が避けている(パンダみたいになっている)

☑両側の頬が一番症状が強い

☑ステロイド外用剤、プロトピック(タクロリムス)軟膏、コレクチム軟膏、ヒルドイド製剤を使っているが効果を実感できない

☑顔が赤いとまわりから指摘される