はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

酒さ(赤ら顔)を悪化させる外用薬(ステロイド・プロトピック・コレクチム・ヒルドイド)(神戸・大阪・京都・皮膚科)

酒さ・酒さ様皮膚炎

酒さ(赤ら顔)の治療方針の基本に、「酒さの悪化因子をなるべく減らす」ということがあります。酒さを悪化させる外用薬がありますので、注意をしてください。

①ステロイド外用薬

有名ですが、ステロイドは酒さを悪化させます。ステロイド外用薬は後発品もあるので非常に種類がたくさんあります。たまに、ステロイドと説明をされずに外用している方にもお会いしますので、ネットとかで確認をしてみてください。抗炎症作用が強いために一過性にかゆみや赤みを抑えますが、長期に使用すると必ず悪化します

②プロトピック(タクロリムス)軟膏

アトピー性皮膚炎にしか保険適応になっていない外用薬ですが、酒さに処方されている医療機関があります。プロトピック(タクロリムス)軟膏による酒さ様皮膚炎(酒さの悪化)の報告は国内の施設から英文・和文の論文ですでにいくつかでていますので、そういう副作用報告を知っている先生は処方されないと思います。

③コレクチム軟膏

最近、処方できるようになったアトピー性皮膚炎の外用薬です。アトピー性皮膚炎に対して国内での治験を経て世にでてきたばかりの薬剤になりますので、酒さに対して効果があるかどうかは臨床試験を現時点でしていないので効果を知っている医師はいないです。ですので酒さの方にコレクチム軟膏を処方するということは医学倫理的にも疑問を感じてしまいます(実験?)。当院に来れられる前に、コレクチム軟膏を処方されたが、”効果を実感できない”、”悪化している”、”治る気配がしない”という訴えをされる方が多いです。他院で処方されたコレクチム軟膏で酒さ様皮膚炎になって受診される方もおられます。

④ヒルドイド製剤

保湿に使われる薬剤で、先発のヒルドイドは剤型が4つ(ヒルドイドソフト軟膏、クリーム、ローション、フォーム)あります。後発品(ジェネリック医薬品)にはビーソフテンがありますが、先発品と内容は類似しています。ヘパリン類似物質がはいっており、血流がよくなる効果がありますので、酒さのように血管拡張がある方が使用しますと、”悪化する”、”ぶつぶつしてくる”、”ひりひりする”、”かゆくなる”という悪化時にみられる症状がでてしまいます。

⑤ニキビ(尋常性ざ瘡)治療薬

ニキビ治療薬の中でも、ベピオ、エピデュオ、デュアック、ディフェリンといった薬剤は作用機序が似た成分がはいっており、そのため通常のざ瘡の方に使用しても、赤み、乾燥、刺激、ひりひり、皮むけといった症状が起こります。ですので、酒さの方に使用すると、これらの症状が強くでる方がおられます。また、作用機序は違いますが、イオウカンフルローションは硫黄が主成分なため、刺激症状がでたり、皮むけ、乾燥といった反応がでる方がおられます。

①~③の外用薬は抗炎症作用を有していますので、すぐに(当初)は悪化せず(むしろ調子がいいぐらい)、長期の使用で悪化してきます。④⑤の外用薬は早期に悪化します。そのため①~③の外用薬は中止することによりリバウンドが生じます。

そのため、当院に来院された酒さ(酒さ様皮膚炎)の方にはまず、脱ステロイド、脱プロトピック、脱コレクチムを説明します(そもそも酒さの保険適応薬でもないです)。

たまに、他院でVビームをされながら、プロトピックやコレクチムを外用していた方にも遭遇しますが、いかがなものかと思ってしまいます。