はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

プロトピック軟膏の誤った説明(酒さ・酒さ様皮膚炎)(兵庫・大阪)

酒さ・酒さ様皮膚炎

当院には、酒さに対してプロトピック(タクロリムス)軟膏を処方されたり、プロトピック軟膏酒さ様皮膚炎になられる方が大阪や京都だけでなく、奈良や和歌山から来られます。神戸で開業して、酒さにプロトピック軟膏を処方している皮膚科医がいる事実を知ったのですが、医師からの説明も驚くことが多いです。多くの患者さんからお聞きした説明を紹介します。

①酒さに対して保険がきいて効果があるのはプロトピック軟膏しかない(⇒そもそも保険適応はありません)

②プロトピック軟膏は副作用がなく、安全な薬なので長期間、外用しても問題ない(⇒免疫抑制作用を有した外用剤ですので副作用があります)

③酒さに対してプロトピック軟膏を長期に塗布するしか治療がない(⇒経験がないだけです)

④プロトピック軟膏を塗布して止めると悪化(リバウンド)すると訴えても、そんなこと起きない(塗り続けろ)と説明される(⇒酒さ様皮膚炎のときのリバウンド現象で、患者さんの訴えが答えです)

⑤小児用プロトピック軟膏は濃度が薄いので、副作用の問題などはない(⇒濃度が薄くても医薬品ですので、副作用があります)

⑥プロトピック軟膏を最初はしっかりと塗布して、しばらくして塗布する間隔・回数を伸ばしましょう

①~⑥の説明はアトピー性皮膚炎・酒さ・酒さ様皮膚炎診療を長くしている私にとって理解できない内容です。

最近、コレクチム軟膏でもこのような説明を受けて、酒さ様皮膚炎を発症される方がおられますが、どういった根拠なのか不思議でならないです。