はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

コレクチム軟膏による酒さ様皮膚炎(酒さ(赤ら顔)の悪化)(神戸・大阪・京都皮膚科)(アトピー性皮膚炎・プロトピック)

コレクチム軟膏による酒さ様皮膚炎(アトピー性皮膚炎)

酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎)の原因としてステロイド外用剤プロトピック(タクロリムス)軟膏が多いですが、最近、アトピー性皮膚炎治療薬「コレクチム軟膏による酒さ様皮膚炎」の方も増えてきており、来院される方も多くおられます。

また、ステロイド外用剤などを使用され「酒さ」・「酒さ様皮膚炎」と診断をされて、ステロイドはよくないからという説明を受けて、コレクチム軟膏に切り替えられる方も多いです。当然ですが、コレクチム軟膏ではよくならないと訴えられて来院される方がおられます。

その特徴ですが、

①もともとアトピー性皮膚炎もないのに処方されている

②ステロイド・プロトピックに比べて丘疹・膿疱(ニキビみたいなぶつぶつ)が少ない

③副作用がないと説明を受けている、長く塗布しても大丈夫と説明を受けている。

④リバウンド現象はステロイド・プロトピック外用剤に比べてひどくない

⑤酒さの炎症を抑えることができると説明を受けている

⑥顔のあかみに対してステロイド・プロトピック軟膏で効果なかったため、コレクチム軟膏を処方される

⑦酒さにも効果があると説明を受けている

⑧顔が赤いということをきっかけに処方されている

⑨マスクによる肌荒れをきっかけに処方をされた

酒さにコレクチム軟膏を使ったときの特徴ですが、「最初は赤みにわずかに効果があるが、止めると悪化する。そのために塗り続ける(医師に相談するとしっかり塗布するように説明を受ける)。そうするとニキビのようなぶつぶつ(丘疹・膿疱)が増えてくる。その結果、塗る前に比べて顔の症状がひどくなっている。そのため、塗布を止めることができなくなる」いう感じです。すでにリバウンドが起こり始めています。

もともと、コレクチム軟膏は酒さのために開発された外用薬ではありませんので、大規模な酒さの患者に対してどのような効果・副作用があるかを知っている医師はいません。上記のような説明をされているのに驚きます。

さらにいうと、コレクチム軟膏を「酒さ」に使う場合は適応外使用にあたります(現在の時点ではアトピー性皮膚炎にしか使用できないです)。それでも使うのであれば、本来であれば、倫理審査の手続きを経たうえで、患者の同意を書面で得てから自費(保険外)で行う必要があります。倫理審査などを経ずに使うことであると、ある意味人体実験(実験台)と同じことをしていることになり、その処方した医師の「倫理観」が問われる時代になっております。そのため、今は医師も倫理講習の受講が必須になっており、正しい倫理観を持って診療を行うことが求められています。

コレクチム軟膏はステロイド・プロトピック軟膏と同様に皮膚の免疫抑制効果をもっています。皮膚局所の免疫を抑えることによる副作用は生じて当然です。副作用がないという説明は単純に説明を省略しているだけです。