はやし皮ふ科クリニック、春日野道、皮膚科、アレルギー科、アトピー、美容皮膚科はやし皮ふ科クリニック

口囲皮膚炎(酒さ・酒さ様皮膚炎、神戸・大阪・京都)(マスク荒れ)皮膚科

口囲皮膚炎

当院には酒さ・酒さ様皮膚炎の診断・治療を希望されて関西圏(大阪・姫路・京都・明石)から患者様が来院されますが、同様の治療を行う「口囲皮膚炎」の方の来院も増えています。

口囲皮膚炎は病名の名前の通りに口の周囲に皮膚炎が起こりますが、ニキビのような”ぶつぶつ”、湿疹のようなざらざら、軽度のあかみ、かゆみがみられます。多くの方は他院の皮膚科でステロイド外用剤プロトピック軟膏、小児科ではステロイド外用剤比較的長期に外用されています。この疾患に共通しているのが、それらの外用剤を使用しているといいが、「外用を中断すると悪化する」ことが特徴です。残念なことに、外用を中断すると悪化することを患者側が訴えても、さらに外用を続けるように説明する残念な皮膚科医・小児科医が存在するのを神戸で開業して初めて知りました。

赤いのはたしかに、一見すると湿疹のようですが、湿疹の変化ではでにくい膿疱が存在していたり、「ダーモスコピー」という皮膚を拡大してみる機械で血管拡張が確認できますので、ぱっとみただけでは診断が困難でもあります。

治療は、ステロイド外用剤やプロトピック軟膏の中断です。リバウンドは、それらの外用剤の使用期間・使用量にもよります。子供では比較的リバウンドが軽い印象です。治療ですが、当院ではメトロニダゾール軟膏の外用、大人ではテトラサイクリン内服による治療を併用します。小児では、歯牙黄染のこともありますので外用治療だけです。

口囲皮膚炎と検索すると画像がたくさんでてきます。確認してみてください。

酒さ様皮膚炎の口囲に限局しているタイプとして病気をとらえていますので、治療や生活習慣、スキンケアも酒さ・酒さ様皮膚炎と同様です。

マスクをする機会が増え、口まわりがざらざらして皮膚科に受診され、肌荒れとしてステロイド外用剤をだされて口囲皮膚炎になる方も増えています。